練習場では当たるのにゴルフコースで当たらない理由

ゴルフゴルフの悩み

練習場では当たるのに、ゴルフコースに行くと当たらない!という方が多くいます。

答えは簡単。コースでは、自分のできること以上のゴルフを求めてしまうからです。

では、コースで当たらない理由を掘り下げて考えてみます。また、コースで当てるための練習法を今回はお話しさせていただきます。

なぜ練習場ではできて、コースでは当たらないのか

ゴルフは、打っても良い場所は広いのですが、ゴール(カップ)は狭いものです。
となると、思っているショットは打てなくなります

狭い範囲に打とうと思い過ぎて当たらなくなるのです。
しかし、思っている以上に打っても良い場所は広いことを知ってください。

ゴルフの各コース、幅は60-120ヤードあります。バンカーなどのハザードはありますが、プレッシャーを感じて打つ必要はないのです。
バンカーに入っても、前には進めます。セーフの幅に打って前に進むことだけを考えたら、楽になりませんか?

ゴルフ場の予約・検索は【じゃらんゴルフ】

コースで当たるようになるための考え方

ゴルフコースは、ドライバーが打てる前提で作ってあります。

全ホールフルスイングでナイスショットをすることは、野球でいうと、毎回違うピッチャーの1球目からホームランを打とうとしていると同じです。それは無理なことなんです。

あなたの、フェースの真ん中に当たるスイングを知って、当たる範囲でスイングをしてください。
思い切り振って曲がらない人はいません。曲がらない範囲で振っているのです。

同伴プレー者で、ゆったりリラックスし、リズム良く打っている方がいたらアドバイスを求めるようにしてください。
僕も、安定して打っている方がいたらいつも話を聞かせてもらうようにしています。

ちなみに、スポーツを全くしてこなかった文科系の女性の生徒さんは、あまり振らない方が多いです。そのような方は、コースでも芯に当たります。そして曲がりません。おそらく、高望みをせず、基本に忠実なので、練習場でもコースでも同じ行動ができるのです。

知ってほしい!ナイスショットまでの段階とは

【理想】
クラブのフェースの真ん中、1円玉の範囲に当てる
【その前】
クラブのフェースの真ん中、500円玉の範囲に当てる
【その前】
クラブフェースの面に当てる
【その前】
クラブのどこかに当てて、空振りしない

これをできるようにするために、練習をするのです。

そもそも、練習場は1打で終わりますよね。ただ、コースは2打目以降があります。
2打目以降打つということは、想像できないハプニングは常にあると思ってください。

コースで当てるための練習方法

これは絶対できる!というショットを作る

自分が一番曲がらない、フェース面の真ん中に当たるショットを知ってください。

そのために、どのような練習をするべきかお教えします。

  • 様々なスピードや振り幅で打ってみて、これは絶対できる!というスピードと振り幅を知る。
  • 1球ずつクラブを変えて打ってみる(ドライバーの後にSWなど)

練習場でできることは、コースでもできます!

打球場で練習する場合

フィールド慣れするために、シチュエーションを変えて練習することをお勧めします。

  • 違う打球場に行く
  • 階数を変える(打ち上げの練習、打ち下ろしの練習)
  • 右側の打席、左側の打席で打つ(ティーグラウンドでの得意な立ち位置が分かる)

インドアで練習する場合

シミュレーションでは、距離を意識するのと同様、幅を意識して打つ。
例えば、80ヤード先に、右は池、左はバンカーがある。では、どのクラブで打ったらその幅におさまるのか。

大阪心斎橋のインドアゴルフ「スウィングアーツ心斎橋」

40代、川久保プロのゴルフ

僕の悩みはみなさんの悩みと同じ

20代前半、特に努力をしなくてもよく飛びました。そして、40歳を過ぎて体力と筋力が落ちたにもかかわらず、昔のゴルフを取り戻そうと必死でした。しかし、昔のイメージで打つとOBが出てしまうことに気が付きました。

昔に比べると、10ヤード飛ばなかったり、1番手変わってきたことで焦りがありました
飛ばしたいという思いから、強く、速く、大きく打ち、結果曲がってしまっていたのです。

これは、アマチュアの方が「コースに行くと当たらない!」と言っていることと同じなのではないか、と考えました。
コースに行くと、昔はここまで飛んだから今も飛ばそう!と、自分にできるゴルフ以上のことを求めてしまうのです。

練習場でフェースの真ん中に当たる方であれば、コースでの意識の仕方を変えることで「当たらない」という悩みはなくなるはずです。

40歳を過ぎた川久保プロのゴルフ

僕は、40歳を過ぎてもショートアイアンの距離は変わりません。ドライバーが10ヤード飛ばなくても、2打目以降で得意なものを増やしていったらいいのです。

今、僕が強化していることは以下の4つです。年配の方だけでなく、若い方にも今から意識していってほしいものです。

  • スイングのリズム
  • 体のバランス
  • 芯に当てる精度
  • 基礎体力を上げる

大阪心斎橋のインドアゴルフ「スウィングアーツ心斎橋」

3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援|【アスリートエージェント】

おわりに

ゴルフコースでも練習通り飛ばすためには2つポイントがあります。

1つ目はコースでの考え方。打っても良い場所は思ったより広いことを意識してください。そして、練習と同じ振り幅、スピードでスイングをしてください。

2つ目は練習方法。自分の得意なショットを作ってください。自信のあるショットができたら、コースで当たらなくなった時も、そのショットがあなたを助けてくれます。

コメント