アドレスの基本。ボールと立ち位置の関係

ボールの位置

ゴルフの基本の3つは「グリップ」「アドレス」「軸をキープしたスイング」です。

今回はアドレスの基本である、ボールの位置について解説します。

クラブごとのボールの位置

クラブごとのボールの位置

写真の通り、クラブごとにボールの位置足の幅ボールと体との間隔が変わります。

ボールの位置

ドライバーは左足の延長線上にボールを置きます。クラブが短くなるにつれて、ボールの位置は右に寄っていきます。

足の幅

ドライバーが一番幅が広く、クラブが短くなるにつれて、足幅も狭くなっていきます。左足を基準として、右足を近づけてくると分かりやすいです。

ボールと体の間隔

ドライバーが一番間隔が広く、クラブが短くなるにつれて、間隔も狭くなっていきます。これは、クラブの長さに合わせてボールに近づいていくので、分かりやすいと思います。

ボールの位置が変わるのは、ハンドファーストと深い関係があります。短いクラブほどハンドファーストで打つので、ボールの位置が右足に近くなっていきます。

おわりに

クラブごとのボールの位置は理解いただけましたでしょうか。正しいボールの位置は、クラブの機能を最大限に発揮できる位置だと思ってください。

自分の癖に合わせてボールの位置を調整する方もいますが、できるだけ基本通りのボールの位置で打てるようにしてください。

大阪心斎橋のインドアゴルフスクール「スウィングアーツ心斎橋」

コメント