ゴルフの悩み 初心者向け

初心者にも分かりやすいバンカーの打ち方

2月 1, 2021

バンカー

バンカーに入ったらガッカリするのはなぜか。それは、バンカーで何度も叩く可能性があると思っているからです。

バンカーは、打ち方の考えが分かると、難しいものではありません。

基本的な打ち方を説明するので、バンカーが苦手な方はご覧ください。

バンカーの考え方

バンカーは、ボールの前後と下の砂を打ってボールを出します。

打つ砂の順番は、ボールの前⇒下⇒後ろです。
上から見た図と、横から見た図で見ると分かりやすいのでご覧ください。

初心者にも分かりやすいバンカーの打ち方

バンカーの練習方法

ゴルフ場や打球場でバンカー練習場での練習法です。簡単な方法なので試してみてください。

  1. 上記の絵のように、ボールの前と後ろに線を引く
  2. ボールの前後と下の砂を取るようにスイングする
  3. ボールを打った後、自分が引いた前後の線の間の砂が取れているか確認する
  4. 取れていたら成功!取れていなかったら再挑戦!

クラブは開いた方が良いのか

バンカーでは「オープンスタンスにする」「フェースを開く」とよく言われます。なぜ、このように言うかというと、その方が砂を取りやすいからです。

ですので、フェースを開かなくても砂が取れるのであれば開く必要もありません。それより、砂の取り方を考える方が大切です。

砂の取り方を理解した上で、スタンスを変えたりフェースを変えたりすると良いでしょう。

都内で唯一の初心者専用ゴルフスクールサンクチュアリ

バンカーで飛びすぎる人の対策

バンカーでは、薄く当たったりハーフトップをすると飛び過ぎてしまうことがあります。

グリーン周りのバンカーで、ハーフトップになり即OB!という経験をした方も多いと思います。原因は強く打ちすぎているからです。

グリーン周りのバンカーは、ピンまで12ヤードから20ヤード位です。バンカーでは通常の3分の1しか飛ばないと考えると、みなさん強く打ちすぎです。

SWが70ヤードの人は、バンカーでは同じスイングで25ヤード飛びます。15ヤードのバンカーのためにはSWで45ヤード飛ばすようにスイングしたら良いのです。
通常70ヤード飛ぶ人であれば、だいたい、9時3時のスイングになります。

もし、9時3時のスイングでハーフトップになったとしても、OBになるほど飛び過ぎることはないでしょう。

川久保プロ
『バンカーからピンまでの距離×3』のスイングをしましょう!ピンまで12ヤードであれば36ヤード分のスイングで大丈夫です

バンカーだからと言って思いっきりスイングするのではなく、距離に合わせて分だけ飛ばすと考えたら簡単にできそうですよね。

SWは打てるのにバンカーですくってしまう

フェアウェイではSWが打てるのに、バンカーではうまく打てない方もいます。

バンカーになると、ボールを上げようとしてすくってしまうのです。その場合、砂の取り方を考えず、普通にSWをスイングしてください。

最後に

バンカーに限らず、ゴルフは考え方を理解することが大切です。

僕は、バンカーでは、通常の1/3しか飛ばないと考えています。ただそれだけ。正直、バンカーに入ることが嫌だとも思いません。
ただ、ピンから40~70ヤードのバンカーにだけは入れないように気を付けています。その理由はまた別途。

ゴルフは奥深いですね。

-ゴルフの悩み, 初心者向け