ゴルフでスイングを変えたい時に成功する秘訣

スイングを変える

スイングを変えたいと思っている場合、注意してほしいことがあります。それは、基本の3つを守った上でスイングを変えることです。

基本が崩れた状態でスイングを変えると、今より悪くなる可能性が高いので気を付けてください。

スイングを変える時に注意するべき「3つに基本」についてまとめます。スイングを変えることは悪いことではないので、今より良いスイングになることを願っています。

スイングを変える時に注意すること

まずは基本の3つができているか確認してください。グリップアドレス軸をキープしてのスイング、この3つができていなければスイングを変えたところで結果は変わりません。

基本の3つができている場合は、基本の3つから外れないようにスイングを変えてください

例えば、トップの手の位置を高くしたい場合、手の位置を高くしたことで軸がキープできなければダメです。スイングの軸がキープできていることが前提です。

もし、基本から外れていた場合、ある程度経った時に「前の方が飛んでいた」「なぜかスライスするようになった」など、不具合がでてきます。

基本の3つとは「グリップ」「アドレス」「軸をキープしてのスイング」。

3つは基本通りのまま、スイングを変えるようにしてください!

スイング改造、成功の秘訣は「基本に近づけていく」

スイングを変える時の考え方として「基本に近づけていく」と考えると好結果につながりやすいのでオススメです。
スイングを変えたい理由は、今のスイングに問題があるから。では、基本から外れているのは何なのか、まずは分析をしてみてください。

基本の3つを正しく身につけることは、ゴルフ上達の上で必須であり、実は上達への近道でもあります。

僕も、基本の3つは気を付けなかったら崩れてきます。だからこそ、正しくできているか常に確認し、意識しています。

何度も言いますが、「グリップ」「アドレス」「軸をキープしたスイング」この3つを極めていきましょう。

軸をキープしたらスイングは決まってきます。軸をキープしていたら、クラブの軌道は、インサイドインストレートに近くなります。
例えば、アウトサイドインの軌道を変えたい場合は、軌道を変えることを意識するのではなく、軸をキープしたスイングをすることを意識してください。すると、自然に軌道は変わっていきます。

みなさんも、「良い感じにクラブが握れている」「構えた時しっくりくる」と思うことがあると思います。その感覚を、できるだけ多く感じられると良いですね。

体作りをしたい、すべてのアスリートへ。【HMBプロテイン18000】

スイングで考えることは実は少ない。何を考えてスイングを変えるのか

基本の3つは「グリップ」「アドレス」「軸をキープしたスイング」と伝えました。

この3つができたら考えることはあと2つ。「クラブの通り道(スイングプレーン)」と「フェース面」です。スイングで考えることは、この5つだけです。

ゴルフの本や動画にはスイングについての情報が溢れていますが、考えることは実は少ないのです。

おわりに

「スイングを変えたい」と思うことは悪いことではありません。ただ、スイングを変えることでマイナスになってしまうこともあります。
スイング改造の成功の秘訣は、「基本に沿って直すこと」。

今回話した「基本の3つ」を意識した上でスイングを変えることで、綺麗なスイングに近づいていきます。

大阪心斎橋のインドアゴルフスクール「スウィングアーツ心斎橋」

コメント