PING G425ドライバーのMAXとSFT 試打レビュー

g425MAXとSFTの試打評価

PING G425ドライバー、MAXとSFTを打ち比べました。

G425ドライバーは、つかまりやすく、ショートアイアンのような打ちやすさでした。

ヘッドはMAXとSFT、シャフトはTENSEI CK Pro Orange 60(S)とPING TOUR 173-65(S)、2×2の計4種類の打ち比べ結果です。

G425MAXドライバー試打 結果、感想

僕はMAXの方が好みです。シャフトはTOUR173の方が易しく、打ちやすいと感じます。僕はスライスはしないので、SFTの良さを十分に感じられませんでした。ただ、ヒールよりの重心のおかげでスライサーには打ちやすいクラブです。

G425MAX(ヘッド)

  • 高く打ち出してショートアイアンのような感じ
  • 曲がる気がしない
  • インパクトは「ポコっ」という打感

G425SFT(ヘッド)

  • 球がつかまりやすい
  • インパクトは「ブチっ」という打感

TENSEI CK Pro Orange 60(S)(シャフト)

  • 硬くて球が上がりにくい

PING TOUR 173-65(S)(シャフト)

  • 高さが出る
  • 硬さが心地良い

G425MAX/SFTとシャフト紹介

MAXとSFT

G425MAXとSFT、試打感想

TENSEI CK Pro Orange 60 S

G425MAXとSFT、試打感想

PING TOUR 173-65 S

G425MAXとSFT、試打評価

G425MAX/SFT 試打結果詳細

ヘッド2種類、シャフト2種類の結果です。ヘッドの違いより、シャフトの違いの方が大きく出ています。TENSEIは打ち出し角が低く、PINGTOURは打ち出し角が高い結果になっています。
※アマチュア男性のヘッドスピードを想定して試打しています

ヘッド/シャフトキャリー総距離ヘッドスピードボールスピードバックスピン打ち出し角
MAX/TENSEI19821141.257.4187313.9
MAX/PING21823041.357.4250916.1
SFT/TENSEI20722041.858.1222914.6
SFT/PING20821941.357.4274715.4

ヘッドごとの試打結果

G425MAX

シャフト:TENSEI CK Pro Orange 60 S

キャリー総距離ヘッドスピードボールスピードバックスピン打ち出し角
19621040.756.7203913.7
19621041.557.8176713.6
20421441.557.7181514.5

シャフト:PING TOUR 173-655

キャリー総距離ヘッドスピードボールスピードバックスピン打ち出し角
21122339.855.5245617.7
21622741.057.1275115.9
22824143.059.7232014.7

G425SFT

シャフト:TENSEI CK Pro Orange 60 S

キャリー総距離ヘッドスピードボールスピードバックスピン打ち出し角
19821242.058.3203812.9
20321641.657.8210214.9
22023241.858.1254815.9

シャフト:PING TOUR 173-655

キャリー総距離ヘッドスピードボールスピードバックスピン打ち出し角
22924042.358.7282816.4
20822141.357.4212914.5
18819840.456.2328415.4

PING G425ドライバー標準シャフトはALTA J CB SLATEが人気です。人気の理由は、トルクが大きいこと。トルクはボールの捕まりやすさに直結する数値です。

叩いてもブレないドライバーが欲しいならG425/MAX

つかまえて飛ばすドライバーが欲しいならG425/SFT

おわりに

PING G425ドライバーは3種類あります。今回はその中の2つのヘッドを試打しました。正直、どちらもつかまりやすく、打ちやすいクラブです。

ドライバーはどんどん進化し、簡単に打って飛ぶクラブになっていきます。もし5年前のドライバーを使っているのであれば、新しいクラブを検討してみてください。
ドライバーは1番変わっていくクラブなので、乗り遅れるとどんどん使いにくくなる可能性があります。

コメント