初心者向け

パー、バーディー、ボギー、ゴルフの数え方

1月 26, 2021

カウント

「パー」とか「ダボ」とか、何を言っているのか分からない!という、ゴルフ初心者の方向けに、スコアの呼び方を分かりやすく説明します。

「パー」「バーディー」「ボギー」「イーグル」「ダブルボギー」の意味を理解できるようになります。

ゴルフは何回打ったかを数えスコアを競うスポーツ

ゴルフは、18ホールのコースを回って、何打打ったか数えるスポーツです。少ない数で打てた人の勝ちとなります。

全ての打数の合計を「スコア」と呼びます。

初心者の方は、まずスコア120を目指す方が多く、次に多いのは「100切り」です。

パーとは

パーとは、ゴルフコースで決められた規定の打数のことです。18ホールある中で、全てのホールは、Par3、Par4、Par5のいずれかです。

Par3のホールを3打で上がれたら、そのホールは「パー」となります。
パーは、規定打数の±0打のことを言います。

Par72のコース全てパーだった場合、72+(18ホール×0打)でスコアは72になります。

パーの他にも呼び方がありますので簡単に紹介します。
表の「●打」は、カップインするまでの打数です。

スコア パー3 パー4 パー5 呼び方 ゴルファーの呼び方
-3 なし 1打 2打 ダブルイーグル アルバトロス
-2 1打 2打 3打 イーグル イーグル
-1 2打 3打 4打 バーディー バーディー
E 3打 4打 5打 パー パー
+1 4打 5打 6打 ボギー ボギー
+2 5打 6打 7打 ダブルボギー ダボ
+3 6打 7打 8打 トリプルボギー トリ

ゴルフ場でラウンドする際に、同伴者とスコアを申告し合って進めていきます。
もし、Par3を4打で上がった場合、「ボギー」と言っても「4打」と言ってもどちらでも問題ありません。
同伴者が「バーディー」と言った場合、「あ、2打で上がったんだな」とすぐに理解できるようにしておくと進行がスムーズになります。

バーディー、イーグルとは

「バーディー」「イーグル」はゴルフでは良い言葉です。なぜなら、パーより少ない打数のことを言っているからです。

バーディーは、パーより1打少ないことです。Par3のホールであれば、2打で上がることです。

イーグルは、パーより2打少ないことです。Par4のホールであれば、2打で上がることです。
Par3のホールであれば、1打で上がることです。1打で上がることを、「ホールインワン」とも言います。

ダブルイーグルと言って、パーより3打少ない呼び方もあります。一般的に「アルバトロス」と呼ばれます。1打で上がることよりも難しいと言われています。

僕もアルバトロスの経験は少なく、アルバトロスのボールは大切に飾ってあります。

ボギー、ダブルボギーとは

ボギーは、パーより1打多いことです。Par3のホールであれば、4打で上がることです。

Par72のコース全てボギーだった場合、72+(18ホール×1打)でスコアは90になります。なかなか良いスコアですよね!

ダブルボギーは、パーより2打多いことです。Par3のホールであれば、5打で上がることです。
ダブルボギーは、略して「ダボ」と呼ぶゴルファーが多いです。

Par72のコース全てダブルボギーだった場合、72+(18ホール×2打)でスコアは108になります。
100切りを目指す場合、+2打以内で抑えることを目標にしていくことが分かります。

トリプルボギーは、パーより3打多いことです。Par3のホールであれば、6打で上がることです。
トリプルボギーは、略して「トリ」と呼ぶゴルファーが多いです。

ホールインワンとは

ホールインワンは、打数±の呼び方とは違い、1打目でカップインすることを言います。

1打でカップインするこということは、距離が短いホールしかホールインワンをすることしかできません。基本的にPar3のホールで出るものですが、稀に距離の短いPar4でも出ることがあります。

ちなみに僕は、ホールインワンは6回、アルバトロスは2回経験しました。

ダブルパーとは

ダブルパーとは、Par×2の打数のことです。

Par3は6打、Par4は8打、Par5は10打です。

おわりに

先日、「スウィングアーツ心斎橋」の生徒さんに、「ダボってなんですか?」と聞かれました。

僕が当たり前のように使っている用語も、初心者の方には通じないことを改めて感じました。ですので、これからは初心者向けの内容もどんどん発信していこうと思います。

-初心者向け

© 2021 スウィングアーツ心斎橋 Powered by AFFINGER5