飛距離アップのためのプロテインの摂り方

飛距離アップのためのプロテイン

飛距離アップのためには筋力が必要なことは言うまでもありません。

僕は現状ドライバーの飛距離が280ヤード位です。飛距離がある方がゴルフには有利であり、もっと飛距離を伸ばしたいと思っているので、トレーニングを継続して行っています。

僕は、週に3日の筋トレと合わせて、効率的に筋力を上げるためにプロテインを摂っています

アマチュアゴルファーにプロテインが必要か?と思う方も多いと思いますが、このブログを読んだ後には、みなさんプロテインを手にしたくなると思います。

なぜなら、プロテインの原料であるタンパク質はすごい力を持っているからです。筋肉とタンパク質の関係、タンパク質とは何か、少し説明しています。

僕が飲んでいるプロテインも紹介しますので、参考にしてみてください。

飛距離を上げるためにプロテインが必要な理由

筋肉はタンパク質からできています。プロテインとはタンパク質のことで、筋肉を太く強くするためには必要な成分です。

飛距離を上げるためにトレーニングしている場合、筋トレと合わせてプロテインを摂ることで効率的に筋力を上げることができます。

プロテインの良さは、

  • 持ち運びができる
  • 短時間で摂取できる
  • 消化吸収が早い
  • 余分なカロリーを摂らなくていい

特に、消化吸収が早いことは、効率的に筋力を上げることにもつながります。

筋力アップの原則

筋肉は、下図のようにして太く強くなっていきます。

飛距離を上げるためのプロテイン

筋トレによってダメージを受けた筋肉を修復するのは、タンパク質です。

筋トレ終了直後~3時間後に筋肉の材料であるアミノ酸を筋肉に送り込むことで筋トレの効果をさらに高めることができます。

ホエイプロテインは1~2時間、卵は2~3時間、肉類は4~6時間程度、吸収時間がかかります。吸収の良いプロテインは筋トレ後のタンパク質摂取に最適!!

↓↓ ホエイプロテインはコチラ ↓↓

筋力アップの4大テクニック

筋力アップの原則が分かったところで、さらに効果的なテクニックを紹介します。

タンパク質摂取のタイミング

筋トレ後1~2時間で筋肉の合成はピークに。筋肉の合成が優位になるよう、タンパク質の補充が重要です。このタイミングでプロテインを摂ると効率的に筋力アップします。

タンパク質の種類

筋力アップのためにプロテインを摂取する場合は、BCAAと呼ばれる必須アミノ酸が重要です。ホエイプロテインはBCAAが多く含まれています

BCAAとは、3つの必須アミノ酸。筋肉のエネルギー源として利用されるアミノ酸を配合したもの。

タンパク質のタイプ

消化吸収の良いタンパク質を摂ることが重要です。固体よりも液体の方が吸収が早く、プロテインは最適です。

タンパク質摂取量

筋トレ後のタンパク質の摂取量は、体重1kgあたり2.0gが理想だといわれます。しかし、1回に吸収できる量は20gほどなので、こまめに摂取すると良いでしょう。

川久保プロのプロテインについて

僕が取り入れているのはホエイプロテインです。ホエイプロテインを選ぶ理由は

  • 吸収が早く筋トレ後のタンパク質補充として手軽に摂取できる
  • 肉や魚などの食材から摂取するより安価にタンパク質が摂取できる
  • 含まれるタンパク質は100%吸収され、体内で利用される
  • BCAAが豊富で、筋トレ後に元の筋肉以上に修復する効果がある

ただ、僕はあまり筋肉を大きくしたくはないので、締まった筋肉となるようなトレーニングメニューをしています。プロテインは、筋トレ後1時間以内に摂取しています。

\ 川久保プロ愛飲のプロテイン /

プロゴルファーが語るタンパク質の魅力

タンパク質の重要性

体重の15%前後がタンパク質だといわれています。人体の水分の割合が約60%なので、水分を除いたほぼ半分がたんぱく質です。そして、タンパク質の半分以上が筋肉に集まっています

タンパク質の役割は他にも、皮膚髪の毛ホルモン抗体など。タンパク質は、人間が生きるのに必要な機能全てと言っても過言ではないのです。

タンパク質とアミノ酸の関係

タンパク質はアミノ酸のかたまり

アミノ酸は、タンパク質の最小単位です。人体に存在するタンパク質は約3万種類以上あるのですが、タンパク質を作り出すアミノ酸はわずか20種類

20種類のアミノ酸は、9種類の「必須アミノ酸」と11種類の「非必須アミノ酸」に分類されます。必須アミノ酸は体内で合成できないので、食事で摂る必要があるアミノ酸です。

「アミノ酸スコア」という必須アミノ酸の含有量を点数化したものがあります。「アミノ酸スコア」により、良質なタンパク質かどうか分かります。

「アミノ酸スコア」が満点の100である食材は、大豆、牛肉、豚肉、鶏肉、魚類、卵、牛乳です。

プロテインが優秀であることはWHO公認

アミノ酸スコアに評価基準が追加されたPDCAASという基準において、プロテインが満点の評価を取っており、プロテインの原料が優秀だと証明されています

タンパク質は本当にすごい

タンパク質はスポーツの現場だけでなく、医療や介護の問題を解決する重要なキーワードです。
ぜひ、家族一緒にプロテインを摂取してみてください。

タンパク質はすごんです!!僕らのココロも体も作る大切なもの。命を維持することそのものなんです!!

女性は肌や髪の毛がツルツルに、高齢者は病気の予防や身体能力の向上にも!

おわりに

ゴルフをしていると、飛距離を伸ばしたい方がほとんどだと思います。実際、飛んだ方が有利なことは間違いありません。

筋トレは、ジムに通わないといけないわけではありません。自宅での筋トレでも十分効果は出ますので、筋トレ+プロテインで、飛距離アップを目指してください。

あと一つ。嘘のような本当の話。プロテインを飲む際に「これは筋肉に効く、そして飛距離がアップする」と信じて飲むほど、効果はあると言われています。ぜひご自身で試してみてください。

体作りをしたい、すべてのアスリートへ。【HMBプロテイン18000】

コメント