パターの握り方

パターグリップ初心者向け

パターのグリップの握り方は、普通のショットの握り方とは違います。
「え?そうなの?」と思った方に読んでほしい内容です。

パターによってスコアは大きく変わります。しかし、パターについてよく分からない方も多いはずです。
少しでもパターについて知ってもらえたらと思います。

パターと普通のショットは握り方が違う

パターの握り方は、普通のショットとは違います。

普通のショットの握り方を「オーバーラッピンググリップ」と言い、パターは、「逆オーバーラッピンググリップと言います。

何が逆かと言うと、上にかぶさる方の手が逆になります。

逆オーバーラッピング

なぜパターは普通のショットと握り方が違うのか

パターはできる限り真っ直ぐ振りたいので、手を固定するために握り方を変えています。

手が固定されるほど、パターのストロークは安定します。

最も固定されるのはクロスハンドグリップ

逆オーバーラッピンググリップでも固定できない場合、「クロスハンドグリップ」という方法もあります。

これは、右手と左手をクロスする方法です。より固定されるので、クロスハンドにするゴルファーもいます。

クロスハンドグリップ

普通のショットと同じ握り方でも良い

実は、パターだからと言って握り方を変える必要はありません

普通のショットと同じ方がパターが安定するのであれば、そのままで大丈夫です。

パターグリップの太さは関係あるのか

グリップの太さは、太い方が手が固定されます。理由は、グリップが太いと手首を使いにくいからです。好みもあるので、様々なグリップを試してみても面白いかと思います。

ちなみに僕も、パターは太いグリップを使用しています。

パターで大切なこと

パターは、グリップも大切ですが、アドレスとストローク(振ること)も大切です。

アドレスやストロークが崩れていたら、握り方を変えたところでパターは入りません。

パターの基本はまたブログで説明しますので、楽しみにお待ちください。

CMで話題のミラブル plusはこちら

コメント