練習器具を使ったハンドファーストの練習法

ハンドファースト練習器具ゴルフ用品

ハンドファーストが良いのは分かるけど、ハンドファーストで打てない、と悩んでいるゴルファーも多いと思います。

ハンドファーストは練習することで身につけることができます。ただ、意識して練習してもハンドファーストで打つことは難しいものです。

そこで僕は、練習器具を使用した練習をオススメします。専用器具もありますが、自宅にあるもので代用もできますので、ぜひ実践してください。

練習器具を使った練習

グリップエンドが長い練習器具を使用する

ハンドファーストの練習には、グリップエンド長いがクラブを使用するのが1番です。
グリップエンドが長いクラブを使用することで、ハンドファーストが崩れヘッドが前に出ると、左脇腹にグリップエンドがささるようになっています。

練習器具を使用することで、体の回転でハンドファーストの動きを崩さずに練習することができます。そして、ハンドファーストのアプローチを、自然に簡単に身につけることができます。

スイングスティックで練習する

練習器具がない場合、スイングスティックや軽い棒をグリップと一緒に持つことで、練習器具と同じ効果が得られます。

ゴルフクラブでも良いのですが、重たいので軽い棒の方が扱いやすいかと思います。

練習器具を使ったハンドファースト練習法

練習器具を使用するメリット

練習器具を使用して小さなアプローチの練習をすることで、自然とハンドファーストが身に付きます。また、慣れてくるとグリップの延長線上にスティックを感じられるようになります。

ハンドファーストのイメージがつくと、実際のスイングでも力強いショットが打てるようになります。

おわりに

インパクトで正しくボールをとらえるために、ハンドファーストは必須です。

自宅にあるもので練習できるので、ぜひ実践してみてください。

コメント