「上司に好かれる接待ゴルフ」の知られざるマナー

接待ゴルフで役立つマナー

上司やお客様と共にする接待ゴルフ、経験している方も多いと思います。

ゴルフには様々なマナーがあるのですが、接待ゴルフで好かれる「知られざるマナー」を紹介します。必須のマナーではありませんが、できたら好かれるマナーなので、参考にしてください。

人のゴルフクラブをまたがない

ゴルファーにとってクラブは宝物です。グリーン周りは特にクラブを置いておくことが多いのですが、絶対に人のクラブはまたがないように気を付けてください。

接待中に上司のクラブをまたいだとしても気が付いていないこともありますが、もし見られていたら、、、想像してみてください。

上司のキャディバックは右側に積む

カートにキャディバックを積む際、上司やお客様のバッグは一番右側に積んでください。カートを運転するのはその組の一番若い方、接待する側がすることが通常です。

カートのハンドルは左側にあります。上司の方に後ろの右側に座ってもらうことを考えると、キャディバックは右側にあると取り出しやすくなります

上司が2人いる場合は、1番偉い方のバッグを1番右に、次の方は1番左に積んでもらうと、上司の方が取り出しやすくなります。

基本的にキャディバッグの積み込みはゴルフ場の方がしてくれるので、積み込みの際に、バッグの位置をお願いしてみると良いと思います。

カートに乗る?乗らない?悩むシチュエーションとは

キャディ付き4人プレーの場合はどこに乗る?

キャディ付きの4人プレーの場合、通常は、運転席にキャディさん、前に1人、後ろに3人となります。この場合、一番若い方や接待をする方は歩くことをオススメします。そして、一番偉い方は前の席後ろの右側の席に座ってもらうと良いです。

歩く時のポイントは「カートに乗りなよ」と相手に言わせないように、ペースを合わせて自然に歩くと良いでしょう。プレーをしながらなので、たまに走る必要もありますが、上司の方々にゆったりとカートに乗ってもらえるので、好かれるポイントです。
コースとコースの間、カートに乗る必要がある場合は「どちらに乗りましょうか」と確認して乗ると良いでしょう。

上司がカートに乗らない場合

カートに空きがあっても、上司が歩いてプレーをする場合があります。その時は、ぜひ上司の方とともに歩くようにしてください。

カートに乗らずに歩く方は、健康に気を遣っていることがほとんどです。健康についての話題をすると喜んでもらえると思います。
食事にも気を遣っている方が多いので、「歩いたらお腹が空きますよね」など、食べ物の話も良いかと思います。

パターのライン読みで邪魔にならないように

パターのラインを読む際に、「一緒にまわりたくない」と思わせないためのマナーです。これは、接待だけでなく、普段から気を付けていると、いざという時でも役に立ちます。

ライン読みで相手の邪魔をしない

人がラインを読んでいる時は、邪魔にならないように自分のラインを読みましょう。内側に入ったり、ライン上で読むのはやめましょう。

人のラインが見たい場合、後方線状60度は外すようにしてください。視界に入ると相手の迷惑になることがあります。

接待ゴルフで好かれるマナー

相手の出すサインを見逃さない

相手がアドレス取ろうとしている時に、振り返って自分のことを見たら要注意です。「視界に入って気になります」というサインです。
また、相手が打つ前に自分の方を見たら「気になる所にいるから動かないようね」というサインです。気を付けてくださいね。

おわりに

ゴルフはルールやマナーを重んじるスポーツです。立ち振る舞い次第で、嫌われることもあれば、一気に気に入ってもらえることもあります。

ほとんどの人が知らない細かいマナーも多いのですが、ぜひ実践してみてください。

大阪心斎橋のインドアゴルフスクール「スウィングアーツ心斎橋」

コメント