ゴルフの悩み

スライスとフック 直すための考え方は同じ

1月 19, 2021

ミスショット

「スライス」と「フック」、直すための考え方は同じです。まず球筋の仕組みを理解してください。
なぜスライスになるのか理解できたら、今と逆のことをするだけで直ります。

と、簡単に書きましたが、そんなに簡単に直るのでしょうか。とりあえずはやってみるのが一番です。

今回は、右利きの方を前提として説明します。左利きの方は「右」と「左」を読み替えてください。

スライス、フック、フェード、ドローとは何か

ボールの弾道は大きく4つあります。

  • スライス 右に飛び出し、右に曲がって目標ラインから離れるボール
  • ドロー  右に飛び出し、左に曲がって目標ラインに戻るボール
  • フェード 左に飛び出し、右に曲がって目標ラインに戻るボール
  • フック  左に飛び出し、左に曲がって目標ラインから離れるボール

目標ラインに戻ってくるのは、ドローとフェード。目標ラインから離れるのは、スライスとフックです。
ゴルフは、目標ラインに向かってボールを打っていくものなので、スライスとフックはミスショットです。

球筋は、クラブを振っていく方向と、当たるときのフェース面の向きで決まります
どちらに打ち出すかは振っていく方向、どこに飛んでいくかはフェース面です。

参考までに、スライス、ドロー、フック、フェード、ストレートを打ち比べました。

スライスやフックの原因は何か

球筋の仕組みを理解する

理解してほしいことは1つ。

  • ボールは、インパクト時のフェース面の方向に返ってくる

です。目標から離れる要素は、フェース面にあります。フェース面が大切だということをまず理解してください。

球筋    フェース面  クラブヘッド軌道
スライス   インサイドアウト↗
ドロー まっすぐ インサイドアウト↗
フェード まっすぐ アウトサイドイン↖
フック   アウトサイドイン↖
ストレート まっすぐ インサイドイン ↑

それぞれの弾道において、フェース面とクラブヘッドの軌道を表にしました。ミスショットはフェース面がまっすぐ向いていないことが分かります。

スライスの悩みの多くは、振り遅れ&フェースが開いているという、2つのミスをしています。振り遅れることで、クラブヘッドの軌道はインサイドアウトになり、さらにフェース面が右を向いているので、ボールは右に飛んでいきます。

フックは、体が突っ込んだり手首を返してしまうことで、クラブヘッドの軌道がアウトサイドインになり、フェース面は左を向きます。

1番良いのはもちろんストレート。フェース面をまっすぐに、スイングはインサイドイン(インサイドストレートイン)が理想ですが、トッププロでも左右の回転のないストレートボールを打つことは難しいです。ストレートに近い、フェードやドローボールが打てるようになると、理想のゴルフに近づきます。

インパクト時のフェース面によってどこに飛んでいくかは理解いただけましたか。

スライス、フックの直し方

スライスやフックが発生する仕組みが理解できたら、あとは直していくだけです。

スライスもフックも、フェース面とクラブヘッドの軌道(スイング)の2つの原因があります。

2つのミスを少しずつ修正しながらストレートに近づける方法もありますが、僕はオススメしません。スイングとフェース面、1つずつ修正していくことが、実は近道であると考えます。

根本的な直し方

基本に戻る

ゴルフは基本が大切です。まずは、グリップとアドレスを正しく直します。

フェース面を意識する

パターは常にフェース面を意識します。構えてからボールに当たるまで、常にフェース面を気にしていると思います。
アイアンもドライバーも、パターと同じようにフェース面を意識してください。

練習する時に、どの段階でもフェース面がどこを向いているのか考えながら練習してください。
練習する時に「意識する」ことは、初心者から上級者まで、上達する上でとても重要です。

1日だけの対処法

ラウンド中にスライスが止まらない!明日のラウンドだけはスライスをなくしたい!という方向けの、1日限りの対処法を教えます。

アドレスで、フェース面を左に向けてください。フェースを左に向けることでグリップを握り直して大丈夫です。

ラウンド中、同伴者に「フェース左向いてるよ」と言われても、気にしないでください。緊急時の対処としてはこれが一番です。ただ、上達する上ではNG行為なので、その場限りにしてください。

右に飛んでいくなら左を向いたら良い、という考えもあります。しかし、左を向いたところで、いつものスイングはできなくなります。理由は、仮想の目標を立てられないからです。
例えば、「パターでボール3つ分右に打って」と言っても、3つ分右に打てる方はほとんどいません。ボール3つ分右に仮想の目標を立てることが難しいからです。

おわりに

当たり前ですが、目標ラインから離れていくボールはない方が良いです。

ゴルフ歴が長い人ほど直すために時間はかかります。何百球、何千球打って、体にしみ込まれたものを、何百球、何千球打って直していきましょう。

時間はかかりますが、ゴルフは長く楽しめるスポーツです。悩みを一つずつ解決していくことも、ゴルフの楽しみだと考えてみてください。

もし、スライスとフックを意図的に打てるようになったら、球筋に悩まなくなりますよ。

浅草のゴルフレッスンは【ワイズワンゴルフスクエア】

-ゴルフの悩み

© 2021 スウィングアーツ心斎橋 Powered by AFFINGER5