フェアウェイウッドででティーショットを打つメリット

フェアウェイウッドでティーショット

僕はロングホールでも、ティーショットをスプーンで打つことがあります。

ティーショットでフェアウェイウッドを使った方が良い状況はどんな時なのか、メリットデメリットを説明します。

ティーショットで使うフェアウェイウッドは、3番ウッド(スプーン)でも、5番ウッド(クリーク)でも良いでしょう。

僕はスプーンを使うので、スプーンを使った話をします。クリークが得意な方はクリークに読み替えて見てください。

ティーショットでスプーンを使うメリット

スプーンはドライバーより曲がりません。飛距離が出ないことをデメリットと考えることもあるのですが、僕は飛距離が出ないことを理由にスプーンを使います

ではどのような状況で使うのか。例えば、ドライバーで打った所のフェアウェイが狭い場合やハザードがある場合などです。リスクがある時には、安全な距離を飛ばすためにあえてスプーンを使うことがあります。

狙う場所が広いということは、ミスショットになる可能性も低く、メンタル面でも余裕が出ます

スプーンはドライバーに比べて打ちやすく、曲がり幅も少ないクラブです。僕は1打目スプーンはよく使います。

他にも、ティーショットが打ち下ろし、セカンドが打ち上げの場合も、転がることで距離が出るので、フェアウェイウッドを使っても良いでしょうね。

ティーショットでスプーンを使うデメリット

飛距離が出ない分、セカンドのクラブが2番手上がることがあります。しかし、状況によっては、半番手位で収まることもあり、ドライバーとほとんど飛距離が変わらないこともあります。

また、ドッグレッグのコースの場合、カーブの手前に落とすと2打目が難しくなります。一定の場所まで飛ばす必要がある場合は、ドライバーで打った方が良いかもしれません。

メンタル面で言うと、フェアウェイウッドをドライバーと同じ距離飛ばそうと思うと危険です。余計な力が入ってミスショットになりがちです。ドライバーより飛ばなくても良いと思って使ってください。

おわりに

ゴルフのクラブ選択は、コースや状況によって臨機応変に使い分ける必要があります。

1打目は絶対にドライバー!と決めるのではなく、コースによってクラブ選択も考えながらプレーをしてみてください。

もし分からない場合は、ラウンドレッスンを受けると良いでしょう。実践的なアドバイスを受けられます。

関西でのラウンドレッスンは「スウィングアーツ心斎橋」

コメント