スイング中にフェース面の向きを意識できるか

フェースの向きを意識

スイング中にフェース面がどこを向いているか分からない方がいます。
原因は、小さなスイングで練習をしていないことです。

フェースの向きは意識するべきなのか、どうしたら分かるようになるのか説明します。

フェースの向きはボールに当たる時が全て

球筋は、クラブを振っていく方向と、当たるときのフェース面の向きで決まります。
どちらに打ち出すかは振っていく方向、どこに飛んでいくかはフェース面です。

ボールに当たる時にフェース面がまっすぐ向いていたら真っ直ぐ飛んでいきます。

では、当たる時だけフェース面を意識したら良いのでしょうか?それは違います。

テークバック、フォローの時のフェース面が分かることによって、インパクトでどう当てると良いか分かるのです。

また、フェースの動きが分かることで、自分に合ったクラブの軌道が分かるようになります。

クラブの軌道とは何か

アウトサイドイン、や、インサイドアウトの軌道のことです。

例えば、フェースを開いて打つことが好きな方は、軌道はアウトサイドインにした方が良いです。
フェースを閉じて打つことが好きな方は軌道はインサイドアウトが良いです。

ちなみに、なぜインサイドアウトの軌道の場合フェースを閉じるか分かりますか?もちろんフェースは真っ直ぐでも良いのですが、逆球が出ると怖いので、少し閉じて打つことが多いのです。

詳細は、フックとスライスの悩みについてまとめた記事にあるので参考にしてください。

どうやったらフェース面が分かるようになるのか

ショートスイングの練習をすることで、フェースの向きが分かるようになります。

パターでは、フェースの向きが狙っているラインから外れないように意識していると思います。普通のショットでも、フェースの向きは常に意識すると良いでしょう。

おわりに

レッスンをしていても、テークバックで自分のフェースの向きが分からないという方は多いです。ただ、ショートスイングの練習をしたり、常にフェースの向きを意識することで分かるようになります。

オンライン学習を始めてみませんか?【Fitオンラインゼミ】

コメント