ゴルフの話 ゴルフ用品

トップトレーサー・レンジの精度は?プロの感想

トップトレーサーの精度と感想

最近ゴルフ練習場に導入されている「トップトレーサー・レンジ」について、川久保プロが体験をしてきました。

トップトレーサー・レンジとは、シミュレーションゴルフのような打ったボールを測定する弾道測定器です。打席に設置されたテレビ画面で、自分の打ったボールの弾道や飛距離などのデータが分かります。

1番気になるポイントは、飛距離などデータの精度が合っているのかどうか。実際に体験して感じたことをお伝えします。

今回は、大阪の井高野ゴルフセンターで体験してきました。追加料金なしで利用できることにビックリしました。

 

トップトレーサー・レンジの精度は

トップトレーサーの精度と感想

データを確認中。数値の精度は合っていると思います!

各数値の精度は合っていると感じました。自分で見た球に対して、トップトレーサーの数値は納得できるものでした。特に、7番アイアン以下のクラブはネットに当たらず落ちた球が止まるまで目視できる状況なので、より納得できました。僕は練習モード「フリー計測」を使用し、計測される9つの値を確認しました。

  1. 総飛距離
  2. キャリー
  3. フラットキャリー(打球場2階以上の時に参考に)
  4. ボール速度
  5. 打ち出し角度
  6. 曲がり幅
  7. 高さ
  8. 滞空時間
  9. 着地角度

ドライバーなど、ネットに当たるクラブに関しても、自分が想定した通りでした。地面に落ちる所は確認はできませんが、今まで様々な測定器で測ったとおりの数値でした。

トップトレーサー・レンジの有効な使い方

練習で利用する場合は、番手ごとの距離の違いを確認することが、有効な使い方だと思います。

思い通りに打てているけど、距離の差がないクラブは、必要のないクラブの可能性があります。また、距離のイメージが違う、思った距離に飛ばないクラブも、見直しても良いかもしれません。

「フリー計測」モードか、「クラブ別計測」モードがオススメです。

なお、アプリ登録せずに、ゲストでログインすることもできます。僕はアプリ登録したのですが、イマイチ使いこなせなかったので、また次回の課題とします。

トップトレーサー・レンジの楽しみ方

ゲームモードには6つのゲーム機能がありました。僕は、ゴーフィッシュというゲームをしました。魚が泳いでいる場所にアプローチをして魚を捕まえるゲームです。魚が動いている的に当てると大きな魚が釣れるのですが、外れると空き缶が釣れたりします。

ゴーフィッシュは、特に子供が喜びそうなゲームです。親子でゴルフを楽しみたい方は、ぜひお子様を連れて練習に行ってみてください。

トップトレーサー・レンジは、少人数の利用が楽しめると感じました。他にもゲームがたくさんあるので、また行きたいと思います。

  1. ニアピン
  2. ドラコン
  3. バーチャルゴルフ
  4. ポイントゲーム
  5. アプローチチャレンジ
  6. ゴーフィッシュ
トップトレーサーの精度と感想

アプローチ練習が楽しくなるゲームです!

おわりに

最近は、性能の良い弾道測定器が手軽に利用できるようになってきました。

ゴルフの上達のためにも、ゴルフを楽しむためにも、どんどん利用していくと良いと思います。

もし近所にトップトレーサー・レンジを利用できる練習場があれば、一度体験してみてください。

-ゴルフの話, ゴルフ用品